体の内部からお肌に働きかけること

スキンケアには、肌を保湿したり、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることはより重要なことなのです。

暴飲暴食や寝不足、喫煙などが重なると、どんなに高価で優れた化粧品でも、お肌の状態を改善することはできません。毎日の生活習慣を改善することにより、肌を体の内部からケアすることができます。

一般的に女性は年齢を重ねていくにつれお肌の表面がごわついたり、シミが気になったりしてきます。年齢とともに自然に発生するものとも言えますが、どうしても見た目の印象としては良いとは言い難いでしょう。

とはいえ、スキンケアにより改善の可能性は充分あります。肌のお手入れを欠かすことなく続けて、いつまでも若く美しいお肌を取り戻したいものですね。

皺はかならずきっかけがあって作られます。真っ先に思いつくのは、乾燥でしょう。

いまはどこでもエアコン完備で快適ですが、その代わり乾燥肌なら小ジワ、脂性肌の人にはヨレ(のちに大ジワ)として現れてきます。自分でできる乾燥対策として、なんにしてもマメに保湿することが大切です。

メイクの上から使える粒子の細かいミストを使って水分や有効成分を補ったり、夏以降のキレイ肌を作るために、夏の間は徹底してオイルマッサージやフェイスパックなどの肌の内側に効く保湿ケアを行うようにしましょう。肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。

アラフォーってそんな感じですよね。色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、みんななんとなくわかっているはずです。

妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが客観的にもわかるようになってきます。若いときなら疲労が顔に出ていても、きちんとケアをして睡眠をとった翌朝には復活していたものです。

でもアラフォーは回復しないのです。「最近忙しいの?」と聞かれると、顔に出ているんじゃないかとドキッとします。

心配なので化粧直しの回数も多くなりました。自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安です。

普段肌トラブルがない人でも引っ掻いたり強くこするなど、刺激の与えすぎには注意しましょう。刺激が多いと死んだ角質が重なって肌が一時的に硬くなりますが、実際には角質より下の層は薄くなっています。

肌を保護する層が薄くなると水分が失われるだけでなく、繰り返しストレス(刺激)を与えると表皮の再生が追いつきません。やがて表皮の下にある真皮にも歪みが生じ、代謝機能も変調をきたしてきます。

真皮にまで影響が及ぶと脂質の過剰分泌や乾燥などが起こり、たるみ、よれ、しわ、と着実に進むので、肌年齢が進行してしまいます。たるみが大きいと皺も深くなるので早めのお手入れが大事です。

トリニティーライン 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です